So-net無料ブログ作成

小林麻央の乳がんは遺伝?手術できないという噂も・・・

重度の乳がんを患っているとして闘病生活をしていると
公表された小林麻央さんですが、女性に多いこの乳がんが
遺伝性があるのかどうかというのが意外と検索されているようです。

乳がんの遺伝性について、
また小林麻央さんの容態については手術できない
状態にあるのではないかおちう噂もあるのですが、
実際のところは
どうなのでしょうか・・・??

気になる真相について徹底的に調べ上げました。
そこにはなんと驚愕の真実が隠されていたのです。


スポンサードリンク






小林麻央の乳がん 遺伝の可能性は??


小林麻央さんの病気によって注目された乳がん。


女性にとっては切っても切り離せない病気の
1種とも言えますが、実は彼女の乳がんですが、
遺伝による発症というのは全体の5~10%に
過ぎないようです。


なので、小林麻央さんの場合も、結論から言えば遺伝による
発症という可能性は非常に低いと思われます。


ちなみに、この遺伝に関してなのですが、
意外と曖昧なところが多く、
例えば、近親者に乳がんを患っている、
あるいは患った事のある人が
いたとしても、必ずしも血縁者に
遺伝子していくとは限らないのです。


ただ、血縁者がかなり近しい親等、
つまり自分の母親などが乳がんに罹患
したことのある人であれば、
自分に遺伝する可能性はやはり高くなるそうです。


今回の場合で言えば、小林麻央さんが仮に
遺伝による発症だとするならば、
彼女の母親が罹患していた可能性が
非常に高いということになります。

ただ、今のところは彼女の母親のそこらへんの情報は
まだ公開されていないので、追ってお伝えしていきたいと思います。


スポンサードリンク






小林麻央の乳がんは手術できない状態・・!?


旦那の市川海老蔵さんの記者会見において、彼は


嫁の小林麻央さんの容態について
聞かれた際、「深刻な状態」
という事だけ含みのある言い方で
応えていました。


この応対を見て、視聴者からは
彼女が既に手術できない状態にまで
深刻な容態なのではないかと
言われています。


そこで彼女が手術できない状態にまで
本当に悪化しているのかどうか調べてみたのですが、
どうもマンザラではないみたいです。

というのも、その根拠は彼女の現在のガンのステージに
起因しています。

一部報道では、彼女の現在のステージは「ステージ4」と
言われていますが、これは5年生存率50%~60%ということで、
状態としてはリンパ節などへの転移が認められ、もし真実だとすれば
もうどうしようもない状態と言えます。

なので、そういう意味で小林麻央さんがもう手術できない状態
なのではないかと言われているわけですね。





上記の写真は彼女の現在の闘病生活の一部ですが、
やはり抗がん剤治療の影響からかカラダが異常にやせ細っている
ように見えますね・・・。

また、女性にとっては非常に耳が
痛い内容かもしれませんが、
乳がんに限らずがんというのは「再発」という可能性を
孕んでいます。


抗がん剤治療は我々が創造できないくらい辛く孤独な
ものですから、再発した場合には手術できないと悟って
治療を断念して余生に集中してしまう場合も少なくありません。


旦那の海老蔵さんからはそのあたりのコメントは
未だ聞かれませんが、次の記者会見では
夫婦そろって元気な姿を見せてもらいたいですね!!


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。